キャンプ日記

無人島でキャンプしてみた!沖縄~ナガンヌ島 2021/03/27

無人島キャンプ・沖縄ナガンヌ島

沖縄の無人島、「ナガンヌ島」でキャンプしてきました。

何にもないんだけれど、ただただ美しい海。。もう、楽し過ぎてヤバいです。

沖縄本島も十分美しい海ですが、ナガンヌ島はケタ違いに美しかった。天国に近い島・・とはこのことかと思いましたよ。

ざっくり、動画に収めてきましたので、まずはこちらから♪

いつもの大所帯のキャンプと真反対にリュック1個でバックパッカー気分。笑

無意味に、いろんなギヤをぶら下げて、気分アゲアゲです。

那覇からすぐ近くの「泊(とまり)港」から出航です。車は「とまりん」パーキングに預けて、船着場に向かいます。

ナガンヌ島行の高速船乗り場へ。出稿の30分前に、ゆとりをもって到着。

なかなかかっこいい船です。50人乗りと書かれていました。

いざ出航!

海の色が変わってきました。

高速船で約20分。ナガンヌ島が見えてきました。海の色がヤバイヤバイヤバイ!!

感動で泣きそうです。

船着き場に到着。

凄い透明度。そしてサンゴ礁の海の色、エメラルドグリーン。島は砂地で真っ白です。

いよいよ上陸。定員50名ですが、実際に乗っていたのは20名ほど。

このうち宿泊したのは、私を含めて3組でした。

船着き場の反対側は海水浴が出来るビーチになっています。

キャンプといっても、テントとタープは既に準備されていて、食材もツアー会社で準備してくれています。仕込み済みで、料理するだけなので、超お手軽です。

本来なら「キャンプごっこじゃん!」なんだけど、この美しさを堪能できたので、すべて許せる感じ。笑

今回選抜された、一軍ギヤたち。

  • ランタン:フュアハンドベイビースペシャル276
  • パーコレータ―:ビンテージMIRRO(25年使ってます^^)
  • ナイフ:モーラナイフコンパニオン ステンレスとカーボン(黒さび加工したもの)
  • 調理用ナイフ:OPINEL #10、#12,#10フィレナイフ(オピネルは一度使ったら、もう他のナイフに戻れなくなりましたね)
  • アルコールバーナー:FaceWorldと書かれているおそらく中国製です。トランギアのパチモンですね。笑 でも十分使えます。
  • ミニ斧:Jeep社の斧(期待していなかったけれど、めちゃよく割れます。刃も出てます。)
  • ミニのこぎり:ホムセンのノーブランド物
  • 焚火台:Sykooria (おそらく中国製)ピコグリルのそっくりさん。でも、めちゃ使える。

こんな感じで揃えてきました。

 

お気に入りのカトラリーたち。料理用のナイフはOPINEL。本当によく切れます。

今までキャンプでも、岐阜ミソノ刃物(株)の15cmペティーナイフを30年ちかく愛用していたけれど、とうとうOPINELが1軍の座を奪い取りました。笑

 

ピコグリル・・ではなく、パチモンの焚火台。すべて折りたたむと、A4サイズの超コンパクトに。中国製ですが使えます。燃焼効率も良いし、使い終えても歪み、そり無し。優秀じゃん!

島の反対側は遊泳用のビーチ。

Googleの航空写真で見ると、こんな感じっす。横幅2km、縦幅200mぐらいの小さな島です。

無人島だというのに、ちゃんとドリンクの販売機がある。ここは、オリオン飲まないと・・でしょう。笑

ちなみにオリオン1本400円也。10本飲んだら、居酒屋で飲み会したぐらいの代金ですね。笑

日差しがめちゃめちゃ強いです。風もめちゃめちゃ強いです。

流木集めてきました。

潮が引いたので、波打ち際までチェアを持っていて、ひたすらぼーーっと海を見る。

薪割タイム。今回はJeepのミニ斧を持ってきました。小さいけれど、ヘッドの重さはそれなりにあって、切れ味抜群です。

カレー作りと炊飯なのだが、風がめちゃんこ強くて、1時間経っても米が炊けない。。ウインドスクリーンを持ってくればよかった。

仕方ないので、板を探してきて、風よけに。

ま、のんびり楽しみながら作りますわ。

2時間かけてカレーが完成。2時間じっくり煮込んだわけではなく、風で火力が足りなかっただけ。笑

この光景で食べるカレー、かなり旨く感じる。

お昼寝タイム。

日没前に、仕事しないとね。かなり大きめの流木を見つけたので、薪づくり。

焚火スタート。焚火ストとしては、かなり至福の時間。

ランタンにも火を灯します。

晩御飯はBBQ。

深夜3時ころまでずっと焚火を楽しみました。

朝です。寝坊して、日の出は見損ねた。

潮が満ちてますね。美しくて本当に見飽きない。

朝食のコーヒーとホットサンドなのだけれど、、、この日も強風で、全く焼けません。

仕方ないので、ガスバーナーで直接焼いてしまったよ。

13時。お迎えの船が来ました。

名残惜しい・・

ナガンヌ島、お世話になりましたm(_ _)m

とまり港に戻ったとたんに雨。やっぱり、晴れ男っすね。笑

ということで、キャンプ終了。

1泊2日で、お値段高めではありましたが、かなり楽しめたのでよしとします。

ナガンヌ島情報はこちらに

↓↓↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA